ボランティア 子供

チャリティーって意味あるの? 子どもへのボランティアの意味を考える。

チャリティーって意味あるの?

 

うまうま
こんにちはうまうまです。
今回は子どもへのチャリティーの意味を考えます。
 

 

 

本記事の内容

  • 子どもを取り巻く状況
  • 社会の現状
  • まとめ

 

子どもを取り巻く状況

チャリティーは必要?

結論
子どもの虐待件数は年々増加傾向にある

 

15万9850件

これは平成30年度児童相談所によって
児童虐待対応の数です。

1日440件になります。

 

虐待死による死亡事例は年間50件を超え、
1週間に1人の子どもが命を落としています。

 

 

これが世界有数の富裕国日本の現状です。

 

 

 

子どものへの加害者

チャリティーは必要か?

加害者の多くは両親だが、
複数などの複雑な環境がある。

 

 

児童虐待相談の内容

チャリティー

身体的虐待、育児放棄とともに
精神的虐待の増加傾向がわかります。

 

精神的虐待とは、言葉の暴力・無視・拒絶など
著しく心理的な外傷を与えることを言います。

 

 

 

子どもを取り巻く施設の現実

子どものチャリティー

児童自立支援施設などの運営は
人材不足・資金不足が常に問題となっている。

 

児童養護施設は、
保護者のない乳児を除く18歳までの
子どもが生活する施設ですが、
必要がある場合には乳児も入所させることができ、
場合によって20歳まで延長することができます。

厚労省のまとめでは、2008年10月現在、
全国の児童養護施設数は569カ所で、30,695人が在籍していました。

入所の理由としては、父母が行方不明、父母の就労や入院、父母の死亡、
放任や遺棄、虐待、養育拒否などが挙げられます。
2008年の調査では、虐待を受けた子どもの入所は53.4%でした。

児童養護施設は、建物の構造が、大舎制、小舎制、
グループホーム、中舎制に分かれています。
大舎制は2005年では約65%を占め、大きな建物の中で、
子どもたちは一定の生活プログラムのもとに暮らしています。

中舎制は、大舎制と小舎制の中間ともいえるもので、
施設内を小集団で生活できるように区切って、
大舎制よりは密接な養育環境を作る方式です。

 

小舎制は、児童養護施設の敷地内に小さな家(小舎)があり、
そこで職員と子どもたち数人が一緒に暮らすシステムで、
家庭で暮らした経験を持たない子どもたちには、
家族のように一緒に食事を作ったり、
時間をともにすることが貴重な体験になり、
将来の結婚や家族構築の大切なモデルになります。

グループホームは、地域の中にある家で、
職員か夫婦によって運営されています。
このシステムでは、子どもは社会の中で生活でき、
家庭的な環境で、様々な体験を重ねる大きな利点があります。

厚生労働省は、2014年度までに
「小規模グループケア」を、全国に800か所、
「地域小規模児童養護施設」を300か所の設置を予定しており、
児童養護施設でも、生活を小さな単位にし、
傷ついた子どもたちに対応する施策が進んでいます。
「地域小規模児童養護施設」はこれまでにもあったグループホームで、
本体の児童養護施設から独立して、
地域にある家で定員6名の子どもたちが暮らせます。

しかし、児童養護施設もまた、
絶対的な職員不足という大きな問題を抱えています。

 

児童養護施設では6割強の子どもが家庭に帰っていますが、
その他の子どもたちには、自立の課題が重くのしかかります。

引用:http://www.orangeribbon.jp/about/child/child.php

 

 

まとめ

現状を把握して、自分の行動を決めよう

 

チャリティーの方法

  • 募金する(オレンジリボン運動など
  • 自分でボランテイア活動に参加する
  • SNSなどで発信して、多くの人に興味を持ってもらう

 

日本は今少子化によって
危機敵な状況です。

そんな日本をもっと幸せな国にするには

今生きている子どもたちを少しでも幸せにする
ことが大切じゃないでしょうか。

 

私は日本一のチャリティーマンになるために
SNS、ブログを始めました。

単純に自分の子ども以外の子ども達にも
幸せになって欲しいから。

きっかけは単純ですが気持ちは本気です、
私の行動を見てて下さい。

今回は以上です。

 

記事下

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

うまうま

現在42歳、三児のパパ 牧場従業員→舞台俳優→お笑い芸人→パチンコホール主任→白血病治療中→ファイナンシャルプランナーを経験。 人生経験豊富すぎるうまうまが、趣味、お金、保険、ガジェットなどなど 興味のあるものをどんどん情報発信していきます。

-ボランティア, 子供
-, ,

Copyright© Umaumablog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.